注意

USBメモリを抜く前に…

データを損失しないために、次の手順を守って下さい。

1. Thunderbirdを終了する。

tt_freepops_exit.gif

2. Hotmailを利用している場合は、タスクトレイのFreePOPsのアイコンを左クリックし、Exitする。

safeeject.gif

3. タスクトレイの「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをクリックし、USB 大容量記憶装置デバイス - ドライブ (?:) を安全に取り外しますを実行します。

safeeject_balloon.gif

4. 安全に取り外せることを確認してから、USBメモリを抜き取ります。
※「Thunderbird Portable」は、終了時に様々な設定をUSBメモリに書き込むので、必ず上記手順を踏んでください。
※アクセス状態を示すインジケーターLED付きの製品などを使うと、データの書き込み・読み出し状況を直感的に把握できます。

バックアップ

USBメモリの故障や盗難で、データを紛失しないように、端末を持っている場合はそちらへ、無い場合は、デジカメで撮った写真などと一緒にCD/DVDなどに保存し、家族宛に送付しておくなど、定期的なバックアップ作業を心掛けます。