メッセージフィルタ機能

Yahoo!から届くダイレクトメールの自動消去と、メーリングリストに投稿されたメッセージのフォルダ自動振り分けの2つをサンプルに紹介します。

m_tools_messagefilters-j.gif

メニューのツール(T)から、メッセージフィルタ(F)...を選択

messagefilters01j.gif

新規(N)...ボタンをクリック

filterrules01j.gif

フィルタ名(I):に「Yahoo!デリバー」と入力。件名に次を含むはそのまま、その右の欄に、同じく「Yahoo!デリバー」と入力します。
メッセージを移動するの右の欄から「ごみ箱」を選択し、ボタンをクリック

filterrules02j.gif

メッセージをPOPサーバから削除するを選択し、OK
※Gmailの場合は、このフィルタを設定する必要はありません。

messagefilters02j.gif

新規(N)...ボタンをクリック

filterrules03j.gif

フィルタ名(I):に「ACML」と入力。件名に次を含むはそのまま、その右の欄に、「[adventure-cycling.」と入力します。
メッセージを移動するの右の欄から「ACML」を選択し、OK

messagefilters03j.gif

※フィルタは、メッセージの受信時に、受信トレイに対して、一覧の上から優先して適用されます。
※順番は、上に移動(U)下に移動(D)ボタンで変更できます。
※メッセージ受信時に、自動適用を望まない場合は、有効のチェックを外しておきます。
※手動で適用させたいときは、適用したいフィルタを選択し、フィルタを使用するフォルダ(C):でフォルダを指定して、今すぐ実行(R)ボタンをクリックします。

m_tools_runfiltersonfolder-j.gif

表示中のフォルダに対して、メニューのツール(T)から、フォルダにフィルタを適用(R)を実行すると、有効のチェックがついたフィルタをすべて適用できます。